今週のととねぇちゃんは、腹立たしさで一杯。
雑誌に広告を載せる事に対する、花山さんの一方的な考え方や態度が本当に腹が立つ。
会社存続の為に、現在の金銭的問題をどう乗り越えるか、社長と編集長の立場として、ビジネスライクに考え取り組む必要があるというのに、あれじゃねぇ?。
頭ごなしに怒鳴りつける理不尽さも苦手。
文章を書く人なのに、ちゃんと自分の言葉で社長と話し合わないのはずるいと思いました。
職場での嫌な思い出が蘇ってきて苦痛。
見るのやめのようかと思った週でした。
早く明るく元気なととねぇちゃんに戻って欲しい。

好きな有名人と言えばやっぱり「とんねるず」です。

同年代でもあることから一緒に時代を生きて来たという

一種の戦友的な見方が出来る芸能人であることが理由です。

今でこそ昔みたいな「無茶」なコントは見られませんが

それはテレビ界の倫理が彼らを抑制しているだけであって決して

彼らのパワーが落ちぶれた訳ではないと思っています。

最近の彼らの番組には今まで築いてきた独特の安心感が伝わってきます。

厳しい芸能界を生き抜いてきた者だけが知る処世術をそこ此処に散りばめながら

でも「簡単じゃないけど頑張んな!」とエールをしっかり贈っている優しさが

テレビ画面からひしひしと伝わってきます。

これからもテレビ界のいろんな隠し味として必要な

「とんねるず」を見守っていきたい。